ノミネートの呼びかけ:2022IWCA優秀記事賞

 推薦は1年2022月XNUMX日までに締め切られます。

IWCA優秀記事賞は毎年授与され、ライティングセンター研究の分野における重要な業績を表彰します。 ライティングセンターコミュニティのメンバーは、IWCA OutstandingArticleAwardの記事または本の章を推薦するように招待されています。

推薦された記事は、前暦年(2021年)に発行されたものでなければなりません。 印刷物またはデジタル形式で出版された、学歴のあらゆる段階の学者による単著および共同執筆の両方の作品が、この賞の対象となります。 自己推薦は受け付けられず、各推薦者はXNUMXつの推薦のみを提出できます。 ジャーナルは、受賞サイクルごとにノミネートするために、自身のジャーナルからXNUMXつの出版物のみを選択できます。 

すべての推薦は、を通じて提出する必要があります このGoogleフォーム。 ノミネートには、ノミネートされた作品が以下の賞の基準をどのように満たしているかを概説した400語以内の手紙または声明、およびノミネートされた記事のデジタルコピーが含まれます。 すべての記事は同じ基準を使用して評価されます。

記事は次のようになります。

  • ライティングセンターの奨学金と研究に大きく貢献します。
  • ライティングセンターの管理者、理論家、および実務家にとって長期的に関心のあるXNUMXつ以上の問題に対処します。
  • ライティングセンターの仕事のより深い理解に貢献する理論、実践、方針、または経験について話し合います。
  • ライティングセンターが存在し、運営されている状況に敏感であることを示します。
  • 説得力のある意味のある文章の質を説明します。
  • ライティングセンターの奨学金と研究の強力な代表としての役割を果たします。

私たちは、あらゆるレベルのライティングセンターの学者や実務家に、影響力があると感じた作品を推薦することをお勧めします。 受賞者は、バンクーバーで開催される2022IWCAカンファレンスで発表されます。 アワードまたはノミネートプロセス(およびGoogleフォームにアクセスできないユーザーからのノミネート)に関する質問は、IWCAアワードの共同議長であるLeigh Elion(lelion@emory.edu)とレイチェルアジマ(razima2@unl.edu). 

 推薦は1年2022月XNUMX日までに締め切られます。

_____

受信者

2021: モーリーン・マクブライドとモリー・レンチャー。 「意図の重要性:ライティングセンターの専門家のためのメンタリングのレビュー。」 プラクシス:ライティングセンタージャーナル、17.3(2020):74-85。

2020: アレクサンドリア・ロケット、「なぜ私はそれをアカデミックゲットーと呼ぶのか:人種、場所、およびライティングセンターの批判的検討」 プラクシス:ライティングセンタージャーナル 16.2(2019)。

2019: メロディーデニー、「口頭のライティング-改訂スペース:ライティングセンターの相談の新しい共通の談話機能の特定」 ライティングセンタージャーナル 37.1(2018):35-66。 印刷します。

2018: スーメンデルゾーン、「 『Raising Hell』:ジムクロウアメリカの識字教育」 大学英語 80.1、35-62。 印刷します。

2017: ロリセーラム、「決定…決定:誰がライティングセンターを使用することを選択しますか?」 ライティングセンタージャーナル 35.2(2016):141-171。 印刷します。

2016: レベッカ・ノワセク 及び ブラッドリーヒューズ、「ライティングセンターのしきい値の概念:家庭教師の専門知識の開発の足場」 私たちが知っていることに名前を付ける:理論、実践、モデル、 Adler-Kastner&Wardle(編)。 ユタ州立大学、2015年。印刷。

2015: ジョン・ノードロフ、「ヴィゴツキー、足場、およびライティングセンターの仕事における理論の役割」 ライティングセンタージャーナル 34.1(2014):45-64。

2014: アン・エレン・ゲラー 及び ハリー・デニー、「てんとう虫、地位の低さ、仕事を愛すること:ライティングセンターの専門家がキャリアをナビゲートする」 ライティングセンタージャーナル 33.1(2013):96-129。 印刷します。

2013: ダナ・ドリスコル 及び シェリー・ウィン・パーデュー、「理論、伝承、その他:ライティングセンタージャーナルのRAD研究の分析、1980-2009」 ライティングセンタージャーナル 32.1(2012):11-39。 印刷します。

2012: レベッカデイバブコック、「大学レベルの聴覚障害の学生による解釈されたライティングセンターのチュートリアル」 教育における言語学 22.2(2011):95-117。 印刷します。

2011: ブラッドリーヒューズ, ポーラ・ギレスピー, ハーベイ・ケイル、「彼らが彼らと一緒に取るもの:執筆ごとの家庭教師同窓生研究プロジェクトからの発見」 ライティングセンタージャーナル 30.2(2010):12-46。 印刷します。

2010: イザベルトンプソン、「ライティングセンターでの足場:経験豊富な家庭教師の言語的および非言語的家庭教師戦略のミクロ分析」 文章のコミニュケーション 26.4(2009):417-53。 印刷します。

2009: エリザベスH.ブーケ 及び ニール・ラーナー、「再考:「ライティングセンターのアイデア」の後」 大学英語 71.2(2008):170-89。 印刷します。

2008: レニー・ブラウン, ブライアンファロン, ジェシカ・ロット, エリザベスマシューズ, エリザベスミンティ、「Tunitinを採用する:変化を提唱する家庭教師」 ライティングセンタージャーナル 27.1(2007):7-28。 印刷します。

マイケル・マティソン、「私を見守る誰か:ライティングセンターでの反省と権威」 ライティングセンタージャーナル 27.1(2007):29-51。 印刷します。

2007: ジョアングリフィン, ダニエルケラー, Iswari P. Pandey、 アン・マリー・ペダーセン, キャロリンスキナー、「地域の慣行、国の結果:ライティングセンターのアイデンティティの調査と(再)構築」 ライティングセンタージャーナル 26.2(2006):3-21。 印刷します。

ボニーデベット, スーザン・オー、 マーゴブライスマン, セリアビショップ、「池を越えてピアリング:米国と英国で他の学生の文章を開発する上での学生の役割。」 英国の高等教育におけるアカデミックライティングの指導:理論、実践、モデル、ed。 リサガノブチク-ウィリアムズ。 ハウンドミルズ、イギリス; ニューヨーク:パルグレイブマクミラン、2006年。印刷。

2006: アン・エレン・ゲラー、「Tick-Tock、次:ライティングセンターで画期的な時間を見つける」 ライティングセンタージャーナル 25.1(2005):5-24。 印刷します。

2005: マーガレットウィーバー、「家庭教師の服の検閲」:チュートリアルスペース内での最初の修正権/書き込み」 ライティングセンタージャーナル 24.2(2004):19-36。 印刷します。

2004: ニール・ラーナー、「ライティングセンターの評価:私たちの有効性の「証拠」を探しています。 ペンバートン&キンケアドで。 印刷します。

2003: シャロン・トーマス, ジュリー・ベビンズ, メアリーアンクロフォード、「ポートフォリオプロジェクト:ストーリーの共有」。 ギレスピーでは、ギルアム、ブラウン、ステイ。 印刷します。

2002: バレリー・バレスター 及び ジェームズC.マクドナルド、「ステータスと労働条件の見方:ライティングプログラムとライティングセンターディレクターの関係」。 WPA:ライティングプログラム管理者評議会のジャーナル 24.3(2001):59-82。 印刷します。

2001: ニール・ラーナー、「初めてのライティングセンターディレクターの告白。」 ライティングセンタージャーナル21.1(2000):29-48。印刷。

2000: エリザベスH.ボケ、「「私たちの小さな秘密」:ライティングセンターの歴史、オープン前からオープン後の入場。」 大学の構成とコミュニケーション 50.3(1999):463-82。 印刷します。

1999: ニール・ラーナー、「ドリルパッド、ティーチングマシン、プログラムされたテキスト:ライティングセンターにおける教育工学の起源」。 ホブソンで。 印刷します。

1998: ナンシーマロニーグリム、「ライティングセンターの規制上の役割:無実を失うことで合意に達する。」 ライティングセンタージャーナル 17.1(1996):5-30。 印刷します。

1997: ピーター・カリノ、「オープンアドミッションとライティングセンターの歴史の構築:XNUMXつのモデルの物語」。 ライティングセンタージャーナル 17.1(1996):30-49。 印刷します。

1996: ピーター・カリノ、「ライティングセンターの理論化:不安な作業」。 対話:作文スペシャリストのためのジャーナル 2.1(1995):23-37。 印刷します。

1995: クリスティーナマーフィー、「ライティングセンターと社会構築主義理論」。 マリン&ウォレスで。 印刷。

1994: マイケルペンバートン、「ライティングセンターの倫理」。 の特別コラム ライティングラボニュースレター 17.5、17.7–10、18.2、18.4–7(1993-94)。 印刷します。

1993: アン・ディパルド、「 『出入りのささやき』:ファニーからの教訓」 ライティングセンタージャーナル 12.2(1992):125-45。 印刷します。

メグウールブライト、「家庭教師の政治:家父長制内のフェミニズム。」 ライティングセンタージャーナル 13.1(1993):16-31。 印刷します。

1992: アリス・ギラム、 「ライティングセンターのエコロジー:バフチンの視点。」 ライティングセンタージャーナル 11.2(1991):3-13。 印刷します。

ミューリエル・ハリス、「ライティングセンター管理におけるソリューションとトレードオフ」。 ライティングセンタージャーナル 12.1(1991):63-80。 印刷します。

1991: レランシマン、「自分自身を定義する:私たちは本当に「家庭教師」という言葉を使いたいですか?」 ライティングセンタージャーナル 11.1(1990):27-35。 印刷します。

1990: リチャード・ベーム、「ピアチュータリングにおける倫理的問題:共同学習の防御」。 ライティングセンタージャーナル 9.2(1987):3-15。 印刷します。

1989: リサ・イーデ、「社会的プロセスとしての執筆:ライティングセンターの理論的基盤」。 ライティングセンタージャーナル 9.2(1989):3-15。 印刷します。

1988: ジョン・トリンバー、「ピアチュータリング:用語の矛盾?」 ライティングセンタージャーナル 7.2(1987):21-29。 印刷します。

1987: エドワードロト、「作家の主題は時々フィクションです。」 ライティングセンタージャーナル 5.2および6.1(1985):15-21。印刷。

1985: スティーブン・M・ノース、「ライティングセンターのアイデア」。 大学英語 46.5(1984):433-46。