締め切り

毎年15月XNUMX日。

目的

国際ライティングセンター協会(IWCA)は、そのすべての活動を通じてライティングセンターコミュニティを強化する役割を果たしています。 この組織は、博士課程の学生がセンター関連の論文の執筆に取り組む際に支援するために、IWCA論文研究助成金を提供しています。 この助成金は、論文の完成と博士号の取得に向けて取り組んでいる博士課程の学生メンバーが負担する費用を賄うことを目的としています。 資金は生活費に使われることがあります。 消耗品、材料、およびソフトウェア。 研究サイトへの旅行、研究の発表、または専門職に関連する会議や研究所への出席。 およびここではカバーされていないが、論文を発表している大学院生を支援するその他の目的。 承認された目論見書を持っており、目論見書を超えて研究/執筆の任意の段階にある博士課程の学生は、申請することをお勧めします。

アワード

助成金の受領者は、受賞者として選ばれると、IWCAから5000ドルの小切手を受け取ります。

アプリケーション プロセス

申請書は、必要な期限までに提出する必要があります。 IWCAメンバーシップポータル。 完全なアプリケーションパケットには、XNUMXつのPDFファイルに次の項目が含まれます。

  1. 財政支援から生じる相互利益に関する委員会を販売する現在の助成金委員長宛てのカバーレター。 より具体的には、手紙は次のことを行う必要があります。
    • IWCAによる申請の検討を要請する
    • 応募者とプロジェクトを紹介する
    • 機関研究委員会(IRB)または他の倫理委員会の承認の証拠を含めます。 このようなプロセスのある機関と提携していない場合は、助成金および賞の議長に連絡してガイダンスを求めてください。
    • プロジェクト完了計画の概要
  2. 履歴書
  3. 承認された見通し
  4. XNUMXつの推薦状:XNUMXつは論文ディレクターからのもので、もうXNUMXつは論文委員会のXNUMX番目のメンバーからのものです。

受賞者への期待

  1. 結果として得られた調査結果のプレゼンテーションまたは公開において、IWCAのサポートを認めます
  2. 助成金委員会委員長の面倒を見て、結果として得られた出版物またはプレゼンテーションのコピーをIWCAに転送する
  3. 助成金の受領からXNUMXか月以内に、助成金委員会委員長の面倒を見て、IWCAに進捗報告を提出してください。
  4. プロジェクトが完了したら、助成金委員会の委員長の面倒を見て、プロジェクトの最終報告書と完成した論文のPDFをIWCA理事会に提出します。
  5. サポートされている研究に基づいた原稿をIWCA関連の出版物のXNUMXつに提出することを強く検討してください。 ライティングセンタージャーナルまたはへ ピアレビュー。 編集者および査読者と協力して、出版の可能性のために原稿を改訂することをいとわない

受信者

2020: ジンチャン、「中国でのライティングについて話す:ライティングセンターは中国の学生のニーズにどのように対応していますか?」

2019: リサベル、「L2ライターと足場を組むためのチューターのトレーニング:アクションリサーチライティングセンタープロジェクト」

2018: ララ・ハウアー、「大学のライティングセンターで多言語ライターを指導するためのトランスリンガルアプローチ」およびJエッシカニューマン、「間のスペース:コミュニティと大学のライティングセンターセッションの違いで聞く」

2017 カトリーナベル、「家庭教師、教師、学者、管理者:現在および卒業生の大学院コンサルタントの認識」