締め切り

毎年15月15日とXNUMX月XNUMX日。

国際ライティングセンター協会は、そのすべての活動を通じてライティングセンターコミュニティを強化するのに役立ちます。 この組織は、IWCAベンラフォス大学院研究助成金を提供して、新しい知識の開発と既存の理論と方法の革新的な応用を奨励しています。 この助成金は、ライティングセンターの学者とIWCAのメンバーであるベンラフォスによって設立され、修士論文または博士論文に関連する研究プロジェクトを支援します。 旅行資金はこの助成金の主な目的ではありませんが、特定の研究活動の一環として旅行を支援しています(たとえば、研究を行うために特定のサイト、図書館、またはアーカイブに旅行する)。 この基金は、会議旅行のみをサポートすることを目的としたものではありません。 代わりに、旅行は助成金申請書に規定されているより大きな研究プログラムの一部でなければなりません。

申請者は最大$ 1000を申請することができます。 (注:IWCAは、賞金額を変更する権利を留保します。)

アプリケーション プロセス

申請書は、 IWCAメンバーシップポータル それぞれの期日までに。 応募者はIWCAの会員でなければなりません。 アプリケーションパケットは、次のもので構成されています。

  1. 財政的支援から生じる相互利益について委員会を販売する研究助成委員会の現在の委員長に宛てたカバーレター。 具体的には、次のようにする必要があります。
    • IWCAによる申請の検討を要請してください。
    • 応募者とプロジェクトを紹介します。
    • 機関研究委員会(IRB)または他の倫理委員会の承認の証拠を含めます。 このようなプロセスのある機関と提携していない場合は、助成金および賞の議長に連絡してガイダンスを求めてください。
    • 助成金の使用方法を指定します(資料、進行中の研究旅行、コピー、送料など)。
  2. プロジェクトの概要:提案されたプロジェクトの1〜3ページの概要、その調査の質問と目標、方法、スケジュール、現在の状況など。関連する現存する文献内でプロジェクトを見つけます。
  3. 履歴書

受賞者への期待

  1. 結果として得られた調査結果のプレゼンテーションまたは公開において、IWCAのサポートを認めます
  2. 研究助成委員会の委員長の面倒を見て、IWCAに転送し、結果として得られた出版物またはプレゼンテーションのコピー
  3. 助成金の受領からXNUMXか月以内に、研究助成委員会の委員長の面倒を見て、進捗報告をIWCAに提出します。 プロジェクトが完了したら、研究助成委員会の委員長の面倒を見て、最終プロジェクト報告書をIWCA理事会に提出します。
  4. サポートされている研究に基づいた原稿を、IWCA関連の出版物のXNUMXつであるWLN:A Journal of Writing Center Scholarship、The Writing Center Journal、The Peer Review、またはInternational Writing Centers AssociationPressに提出することを強く検討してください。 編集者および査読者と協力して、出版の可能性のために原稿を改訂することをいとわない。

助成委員会 プロセス

提案の締め切りは15月15日と4月6日です。各締め切り後、研究助成委員会の委員長は、検討、議論、投票のために、完全なパケットのコピーを委員会のメンバーに転送します。 申請者は、申請資料を受け取ってからXNUMX〜XNUMX週間で通知を受け取ることができます。

詳細や質問については、研究助成委員会の現在の委員長であるカトリーナ・ベルに連絡してください。 kbell@coloradocollege.edu.

受信者

2020: ダン・チャン、「談話の拡大:チュートリアルの作成における具体化されたコミュニケーション」および クリスティーナサヴァレーゼ、「コミュニティカレッジの学生の間でのライティングセンターの使用」

2019: アンナ・ケアニー、セントジョンズ大学、「ライティングセンターエージェンシー:上級作家を支援する編集パラダイム」; Joeフランクリン、「トランスナショナルライティング研究:ナビゲーションの物語を通して制度と制度的仕事を理解する」; そして イボンヌ・リー、「専門家への執筆:大学院作家の育成におけるライティングセンターの役割」

2018:Mイケ・ヘン、ウィスコンシン大学マディソン校、「実際の家庭教師の実践、動機、アイデンティティ:チュートリアルトークにおける作家の否定的な経験、感情、態度への対応」; タリシャ・ハルティワンガー・モリソン、パデュー大学、「ブラック・ライヴズ、ホワイト・スペース:主に白人の教育機関でのブラック・チューターの経験の理解に向けて」; ブルース・コヴァネン、「ライティングセンターチュートリアルにおける具体化された行動のインタラクティブな組織」; そして ベス・トール、パデュー大学、「批評的コラボレーション:小規模リベラルアーツカレッジでのライティングセンターとライティングプログラムの関係の実証的研究を通じて、機関のライティング文化を理解する。」

2016: ナンシーアルバレス、「ラテン語での個別指導:ライティングセンターでのヌエストラスボースのためのスペースの作成」

2015: レベッカ・ホールマン キャンパス全体の分野とのライティングセンターのパートナーシップに関する彼女の研究に対して。

2014: マシュー・モバリー 彼の「ライティングセンターのディレクターの大規模な調査は、全国のディレクターが評価の呼びかけにどのように答えているかを現場に感じさせます。」

2008 *: ベス・ゴッドビー、 「研究者としての家庭教師、行動としての研究」(ラスベガスのIWCA / NCPTWで発表、Christine Cozzens、Tanya Cochran、Lessa Spitzerと共演)

*ベンラフォス大学院研究助成金は、2008年に旅行助成金として導入されました。 IWCAが正式に「大学院研究助成金」を「ベンラフォス大学院研究助成金」に置き換えた2014年まで、再び授与されることはありませんでした。 当時、賞金額は750ドルに増額され、助成金は旅費以外の費用をカバーするように拡大されました。