条例

協会の細則は、をクリックして入手できます。 国際ライティングセンター協会細則.

IWCA憲法

July 1, 2013

記事I:名前と目的

セクション1:組織の名前は、国際ライティングセンター協会(以下、IWCAと呼びます)とします。

セクション2:全米英語教師評議会(NCTE)の集会として、IWCAは次の方法でライティングセンターの奨学金と専門能力開発を支援および促進します。1)イベントや会議を後援する。 2)前向きな奨学金と研究。 3)ライティングセンターの専門的な展望を強化する。

記事II:メンバーシップ

セクション1:会費を支払う個人は誰でも会員になることができます。

セクション2:会費の構成は細則に記載されます。

第XNUMX条:ガバナンス:役員

セクション1:役員は、元会長、会長、副会長(XNUMX年連続で会長兼元会長になる)、会計、および書記になります。

セクション2:役員は第XNUMX条に規定されているように選出されます。

セクション3:任期は、任期が空席を埋めない限り、選挙後のNCTE年次大会の直後に開始するものとします(第VIII条を参照)。

セクション4:副会長-会長-元会長の後任の任期は、各事務所でXNUMX年間であり、更新することはできません。

セクション5:幹事および会計の任期はXNUMX年間で、更新可能です。

セクション6:役員は、任期中、IWCAおよびNCTEのメンバーシップを維持する必要があります。

セクション7:すべての役員の義務は、細則に定められたものになります。

セクション8:選出された役員は、他の役員の全会一致の推薦と取締役会のXNUMX分のXNUMXの投票により、十分な理由で解任される場合があります。

第XNUMX条:ガバナンス:取締役会

セクション1:理事会は、地域、一般、および特別構成員の代表者を含めることにより、会員の幅広い代表を保証するものとします。 地域の代表者が任命されます(セクション3を参照)。 大規模および特別構成員の代表者は、細則に指定されているとおりに選出されます。

セクション2:選出された理事会メンバーの任期はXNUMX年間で、更新可能です。 条件はずらされます。 千鳥を確立するために、定款に概説されているように、期間の長さを一時的に調整することができます。

セクション3:地域の関連会社は、その地域からXNUMX人の代表者を取締役会に任命または選出する権利があります。

セクション4:会長は、細則に概説されているように、補完的な組織から投票権のない理事会メンバーを任命します。

セクション5:理事会メンバーは任期中IWCAメンバーシップを維持する必要があります。

セクション6:選出または任命されたすべての理事会メンバーの義務は、細則に定められています。

セクション7:選出または任命された取締役会メンバーは、役員の全会一致の推薦および取締役会のXNUMX分のXNUMXの投票により、十分な理由で解任される場合があります。

記事V:ガバナンス:委員会とワーキンググループ

セクション1:常任委員会は細則で指名されます。

セクション2:小委員会、タスクフォース、およびその他の作業部会は、大統領によって任命され、役員によって構成され、起訴されます。

第XNUMX条:会議とイベント

セクション1:会議委員会のリーダーシップの下、IWCAは、細則で指定されている専門能力開発イベントを定期的に後援します。

セクション2:イベント主催者は、理事会によって確認され、細則に概説されている手順に従って選択されるものとします。 ホストとIWCAの関係については、細則に詳しく説明されています。

セクション3:会員総会はIWCA会議で開催されます。 可能な限り、IWCAはCCCCとNCTEでも公開会議を開催します。 その他の総会は、取締役会の裁量で開催される場合があります。

セクション4:理事会は、可能であれば隔月で会合しますが、年にXNUMX回以上会合します。 定足数は、少なくともXNUMX人の役員を含む取締役会メンバーの過半数として定義されるものとします。

第XNUMX条:投票

セクション1:すべての個々のメンバーは、役員、選出された理事会メンバー、および憲法改正に投票する権利があります。 憲法または細則の他の場所で具体的に述べられている場合を除き、訴訟には法定投票の単純な過半数が必要になります。

セクション2:投票手順は付属定款で指定されます。

第XNUMX条:指名、選挙、欠員

セクション1:長官は指名を呼びかけます。 候補者は自分自身を指名するか、任意のメンバーが指名に同意した別のメンバーを指名することができます。 有権者が任意のポジションの少なくともXNUMX人の候補者から選択できるように努力します。

セクション2:資格を得るには、候補者は良好な状態のIWCAメンバーである必要があります。

セクション3:選挙のスケジュールは細則で指定されます。

セクション4:任期前に大統領の職が空席になった場合、次の年次選挙で新しい副大統領が選出されるまで、元大統領がその役割を果たします。 毎年の役員交代で、現職の副会長が会長に就任し、元会長が元会長を完了するか、役職が空席になります(セクション5を参照)。

セクション5:任期前に他の役員の役職が空席になった場合、残りの役員は次の年次選挙まで一時的な任命を有効にします。

セクション6:地域代表の役職が任期前に空席になった場合、関連する地域の会長は新しい代表を任命するよう求められます。

記事IX:提携地域ライティングセンター協会

セクション1:IWCAは、付属定款に記載されている地域のライティングセンター協会をその関連会社として認識しています。

セクション2:アフィリエイトはいつでもアフィリエイトステータスを放棄することができます。

セクション3:アフィリエイトステータスを申請する新しい地域は、理事会の過半数の投票によって承認されます。 申請プロセスと基準は、細則に概説されています。

セクション4:すべての地域の関連会社は、その地域からXNUMX人の代表者を理事会に任命または選出する権利があります。

セクション5:必要性を示している良好な状態の地域は、細則に概説されているように、助成金または地域活動に対するその他の支援をIWCAに申請することができます。

記事X:出版物

セクション1: ライティングセンタージャーナル IWCAの公式出版物です。 編集チームは、細則に定められた手順に従って理事会によって選ばれ、理事会と協力します。

セクション2: ライティングラボニュースレター IWCAの関連出版物です。 編集チームは、細則に定められた手順に従って理事会と協力します。

記事XI:財政および財政関係

セクション1:主な収入源には、会則に詳述されているように、会費とIWCA主催のイベントからの収入が含まれます。

セクション2:すべての役員は、付属定款に定められた条件に従って、組織に代わって金融契約に署名し、経費を払い戻す権限があります。

セクション3:すべての収入と支出は、非営利のステータスに関連するすべてのIRS規制に従って、会計によって会計処理され、報告されます。

セクション4:組織が解散した場合、役員はIRS規制に従って資産の分配を監督するものとします(第XIII条、セクション5を参照)。

第XII条:定款と細則

セクション1:IWCAは、組織の原則を概説する憲法と、実施手順を概説する一連の付属定款を採用し、維持するものとします。

セクション2:定款または細則の改正は1)理事会によって提案される場合があります。 2)IWCA総会に出席するメンバーの3分のXNUMXの投票。 またはXNUMX)XNUMX人のメンバーによって署名され、大統領に転送された請願によって。

セクション3:憲法の変更は、会員が投じた法定投票のXNUMX分のXNUMXの過半数に基づいて制定されます。

セクション4:細則の採択と変更は、理事会のXNUMX分のXNUMXの多数決により制定されます。

セクション5:投票手順は第XNUMX条に規定されています。

第XIII条:免税ステータスを維持するためのIRS規制

IWCAおよびその関連会社は、内国歳入法のセクション501(c)(3)に記載されている組織として免除される要件に準拠するものとします。

セクション1:上記の組織は、慈善、宗教、教育、または科学の目的でのみ組織されています。これには、内国歳入法のセクション501(c)(3)に基づいて適格な組織への配布、または将来の連邦税法の対応するセクション。

セクション2:組織の純利益のいかなる部分も、組織がサービスに対して合理的な補償を支払うことを許可され、権限を与えられている場合を除き、そのメンバー、受託者、役員、またはその他の個人の利益のために損害を与えたり、分配したりしてはなりません本契約の第1項および本憲法の第__1__条に記載されている目的を促進するために提供され、支払いおよび分配を行うこと。

セクション3:組織の活動の実質的な部分は、宣伝の継続、またはその他の方法で法律に影響を与えようとすることではなく、組織はいかなる政治運動にも参加または介入(声明の公表または配布を含む)してはなりません。公職の候補者に代わって、またはそれに反対して。

セクション4:これらの条項の他の規定にかかわらず、組織は、内国歳入法のセクション501(c)(3)に基づいて連邦所得税を免除されている組織が(a)実行することを許可されていないその他の活動を実行してはなりません。コード、または将来の連邦税コードの対応するセクション、または(b)組織による、内国歳入法のセクション170(c)(2)、または将来の連邦税の対応するセクションに基づいて控除可能な寄付コード。

セクション5:組織の解散時に、資産は、内国歳入法のセクション501(c)(3)、または将来の連邦税法の対応するセクションの意味の範囲内で、XNUMXつ以上の免除目的で配布されるものとします。公的目的のために、連邦政府、または州または地方政府に配布されるものとします。 そのように処分されなかったそのような資産は​​、組織の主たる事務所が置かれている郡の管轄裁判所によって、そのような目的のために、またはそのような組織にのみ処分されるものとします。そのような目的のためだけに組織され運営されています。